ホーム>スタッフブログ>2016年2月

2016年2月

浜松市東区N邸 耐震精密診断

浜松市東区N邸の精密診断に行ってきました。

昭和56年以降に建築された木造住宅なので、補助金の対象外になります、

住宅金融公庫を使ってたので問題ないかと思ってましたが、図面通りに施工されて

なく、筋かいが少なかったです。

 

建築年度 昭和63年

木造2階建て  延床面積 150.18㎡

補強計画策定料  非公開

補助金なし

精密診断日 平成28年2月23日

 

外観写真

201631918729.JPG

 

2階小屋裏調査 火打ち金物の確認

20163191888.JPG

 

筋かい金物、ボルト接合

201631918919.JPG

 

基礎 金属センサーによる鉄筋の確認

201631918107.JPG

 

1階天井裏 筋かいを入れる所に入ってません

2016319181113.JPG

 

床下調査 何か所も断熱材が崩落してました

2016319181247.JPG

201631918138.JPG

静岡市清水区K邸 耐震精密診断

清水区のK邸の耐震精密診断へ行ってきました。

西側と東側が、敷地境界線ギリギリに建ってあるため、外回りは

南と北しか見ることができませんでした。

昭和50年建築

木造2階建て

延床面積 118.42㎡

補強計画策定料 144,000円

助成金    96,000円

自己負担   48,000円

調査日 平成28年2月19日

 

外観写真

201631991430.JPG

 

2階小屋裏調査 振れ止め確認

201631991530.JPG

 

筋かいの確認

201631991655.JPG

 

天井を吊ってる木材が薄すぎます。

201631991754.JPG

 

1階天井裏調査 狭くて入って行けませんでした。

20163199196.JPG

 

床下調査 根がらみが全くありません。

20163199203.JPG

 

床の下地の根太が細くて、床がぶかぶかでした。

201631992136.JPG

 

根太が細すぎて、数ヵ所でひび割れがありました。

20163199236.JPG

袋井市新屋 U邸 耐震精密診断

本日の耐震診断は袋井市のU邸です、

建物は平屋ですが、一部屋根が異常に高い部分があり、少し心配です。

昭和56年建築 

木造平屋建て

床面積  126.70㎡

補強計画策定料 144,000円

助成金  144,000円

自己負担     0円

 

外観写真

20162216267.JPG

 

基礎に小さなひび割れがありましたが、心配ありません。

201622162655.JPG

 

天井裏の調査、部屋が造れるくらい広いです。

201622162811.JPG

 

一部土壁で造られてます。

201622162956.JPG

 

大きな鳥の巣がありました。

201622163036.JPG

 

雨漏りの跡です

201622163117.JPG

 

床下の調査

201622163211.JPG

 

根がらみの確認

201622163256.JPG

 

鉄筋コンクリート布基礎で、鉄筋の確認です。

20162216343.JPG

相談/見積り 無料 お気軽にお問い合せ下さい!!
ページ上部へ