ホーム>サービス>古民家鑑定

古民家鑑定

古民家鑑定書とは

築50年以上の古民家を、厚生労働省認可財団法人職業技能振興会が認定する古民家鑑定士が独自の調査項目により目視調査し、その調査結果に基づいて一般社団法人古民家再生協会等が発行元となり発行します。

古民家鑑定書の意義

  • 古民家を所有しているが解体するか改装するか悩んでいる
  • 古民家を購入して住み替えを計画しているが建物の耐久性や手直しをする部分がどこなのか知りたい。
  • 古民家を売却したいのだがいくらで売却するのがいいか相談したい。

古民家鑑定士

古い民家の保存、活用、再利用を目的に建築的見地、環境保全の見地に立ち専門的な知識と技術を用いてお客様に適切なアドバイスを行う資格者です。

古民家鑑定料は全国共通で10万円(消費税別)で内4万円(消費税別)を地域の協会へ支払い古民家鑑定書を作成してもらいます。ただし遠方の場合は交通費を別途相談させて頂くことがあります。

古民家鑑定士一級 松本 修

相談/見積り 無料 お気軽にお問い合せ下さい!!
ページ上部へ