ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

2018.10.28 牛奥ノ雁ヶ腹摺山登山

山梨県にある、日本一長い名前の山です。

大菩薩峠が近くにあるので、登山者の多くはこの山まで足を延ばさないのですが、

富士山が近くに見えて、なかなか景色のいい山です。

 

静岡市内を5:05に車で出発して、8:10に上日川峠の駐車場に着いたのですがすでに満車、

かなり離れた大菩薩湖北岸駐車場へ回され、ここから上日川峠まで歩いて戻ります。

201811119109.JPG

 

ここの駐車場は広いです

2018111191158.JPG

 

駐車場から10分くらい登ります

201811119130.JPG

 

紅葉がピークです

2018111191441.JPG

 

上日川峠に到着しました、いきなり30分以上のロスです。

2018111191533.JPG

 

ここからほとんどの人は大菩薩へ向かうのですが、私は石丸峠へ向かいます。

8:45 登山スタート

201811119188.JPG

 

一番体力のあるスタートから長い下りです・・・

2018111191934.JPG

 

最初の沢が出てきました。

2018111192024.JPG

 

横歩きの山道がしばらく続きます

2018111192120.JPG

 

沢は全部で4カ所あり、ここが最後の沢です。

2018111192252.JPG

 

9:10 一度アスファルトの車道に出ます。

2018111192339.JPG

 

ここからは普通の登りになります

2018111192535.JPG

 

今度は砂利道に出ます

2018111192628.JPG

 

ここで、本当はすぐに山道に入らなければいけなかったのですが、私は先週に引き続きまたしても

標識を見落として、砂利道を奥へ進んでしまった・・・

2018111192924.JPG

 

一瞬だけ富士山が見えました

2018111193011.JPG

 

不安に思いながら進んでると、なんと赤いリボンが!

あってるのか?

2018111193120.JPG

 

とりあえず、ここからも登れるみたいなんで、行ってみることにしました。

201811119335.JPG

 

ひどい道、てか道になってないけど赤いテープはある。

2018111193424.JPG

 

それらしい所に出た!

2018111193458.JPG

 

と思いきやまた森の中へ、大丈夫かこのルート?

2018111193655.JPG

 

しばらく行くとまた開けた。

2018111193817.JPG

 

今度は本当に本来のルートに戻ったみたい。

2018111193932.JPG

 

なんと、石丸峠をショートカットして、小金沢山に直接向かってる~

この時点で10:10 かなり短縮してる~

2018111194126.JPG

 

このルートは2回目ですが、道が分かりにくいです。

2018111194415.JPG

 

10:40 スタートから約2時間、ここでちょっと長めの休憩です。

201811119529.JPG

 

こんな感じの登山道が続きます

2018111194533.JPG

 

赤いテープだけを追いかけながら進みます

2018111194651.JPG

 

11:00 本日1つ目の小金沢山登頂~

2018111194812.JPG

 

休憩なしで2つ目のピークへ!

2018111194859.JPG

 

しばらく下りが続きます。

2018111195052.JPG

 

このコースはとにかく倒木が多かったです、台風24号の影響だと思います。

2018111195454.JPG

 

気持ちのいい登山道です。

2018111195628.JPG

 

ようやく山頂が見えてきました!

2018111195756.JPG

 

11:40 牛奥ノ雁ヶ腹摺山登頂~

2018111195912.JPG

 

山頂は広いです、天気は良かったけど、周りの山々は雲がかかって富士山も見えませんでした。

201811120129.JPG

201811120152.JPG

 

ここで昼食で、30分程休憩して12:10下山開始~

201811273718.JPG

 

大菩薩湖の反対岸へ降りるルートもあったけど、先週八ヶ岳で道を間違いえらい目にあったので、

今日は素直に来た道を折り返すことにしました。

201811274023.JPG

 

12:40 再び小金沢山です。

201811274115.JPG

 

今度は石丸峠へ向かいます

201811274236.JPG

 

ガスって来た・・・、早く森を抜けないと。

201811274340.JPG

 

抜けた~、ここけらはしばらく稜線歩きです。

201811274458.JPG

 

反対側の山、ガスってますが、紅葉で真っ赤でした。

201811274657.JPG

 

大菩薩湖と周りの紅葉です。

201811274837.JPG

 

大菩薩峠方面が見えてきました、あの山の麓が石丸峠です。

201811275214.JPG

 

13:35 本日3つ目のピーク天狗棚山?知らん・・・

20181127540.JPG

 

石丸峠が見えて来た~!

201811275731.JPG

 

13:45 石丸峠到着~

ここで大菩薩峠へ行こうと思ってたのですが、大菩薩から降りてきた方々に、

この時間からはやめた方がいいと言われ、上日川へ下山することにしました。

20181127592.JPG

 

楽な下りですが、今日はアップダウンが多かったので膝がいたい・・・

20181128225.JPG

 

行きは通らなかったルートなので、景色も新鮮です。

20181128411.JPG

 

倒木、道を完全に塞いでました。

20181128548.JPG

 

砂利道に出ました。

20181128657.JPG

 

行きに見落とした標識、こんなに目立つのに見落とすか俺・・・

20181128833.JPG

 

紅葉キレイ~

20181128922.JPG

 

14:30 アスファルト道まで戻って来ました。

201811281023.JPG

 

ここから沢を4つ越えて、最後は登り坂が待ってます。

201811281059.JPG

 

ここからは紅葉が綺麗だったので、何枚かアップします。

201811281233.JPG

201811281354.JPG

20181128156.JPG

 

最後の沢です、ここを渡ったら登り坂です。

201811281614.JPG

 

行きは日影だったので、あまり紅葉が目立たなかったのかも知れません。

上日川峠が見えて来ました。

201811281653.JPG

 

15:00 上日川峠到着~

20181128190.JPG

 

ここも紅葉キレイ~

201811282012.JPG

 

私はここがゴールではなく、北岸の駐車場へもう一頑張りです。

201811282150.JPG

 

ちょっと森に入るともう薄暗いので、

今日は大菩薩峠へ行かなくて正解だったと思います。

201811282233.JPG

 

アスファルト道が見えてきた~

20181128252.JPG

 

駐車場周辺も紅葉してます。

201811282639.JPG

 

15:15 駐車場到着~ ちょうどこの辺りは日没って感じでした。

201811282833.JPG

 

来月から忙しくなるため、今年の山終いになるかも知れません、

来年は北アルプスや中央アルプスなども行きたいのですが、7月までは忙しいので、

8月頃からま行こうと思います。

 

 

2018.10.21 阿弥陀岳登山

南八ケ岳のほぼ中央部に位置する、阿弥陀岳(2805m)ですが、

数えきれないくらい八ヶ岳に来てるけど、意外にも阿弥陀岳は

一度も登頂してません、過去に二度挑んだのですが、悪天候などの理由から

途中で帰ったりして山頂まで行けたのは初めてでした。

 

朝5:10に静岡市内を車で出発

7:00 道の駅富士川で休憩

20181025185012.JPG

 

先月登った南アルプスの地蔵岳のオベリスクも見えました

20181025185152.JPG

 

7:55 美濃戸口 八ヶ岳山荘到着

20181025185231.JPG

 

なんと台風24号で、途中の橋が崩落したらしく、美濃戸山荘へは車で入れず

いきなり御小屋尾根のロングコースにルート変更となる。

20181025185533.JPG

 

8:10 登山スタート!

20181025185620.JPG

 

30分くらいアスファルトの坂道、別荘地を歩いて進みます。

20181025185749.JPG

 

ようやく登山口が見えてきました。

20181025185841.JPG

 

緩やかな山道がしばらく続きます

20181025185941.JPG

 

古くから信仰のある山なのでしょうか、このようなお札がたくさんありました。

201810251912.JPG

 

台風で倒された木だと思われます・・・道を塞いでました。

2018102519132.JPG

 

残念ながら、このルートはあまり紅葉がありませんでした。

2018102519254.JPG

 

スタートから1時間ちょっとで登山らしくなってきました。

2018102519437.JPG

 

9:35 御小屋山到着~ いいペースですね。

2018102519610.JPG

 

少し行くと視界が開けて、雪を被った南アルプスの北岳が見えました。

2018102519755.JPG

 

きつい登りが続きます・・・

2018102519942.JPG

 

10:20 不動清水に到着、ここはスルーで先を急ぎます。

20181025191043.JPG

 

霜が降りてました、夜は氷点下なんでしょうね。

20181025191158.JPG

 

この辺の勾配は結構きつかった

20181025191324.JPG

 

ここで視界が開けて、左から北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳

20181025191435.JPG

 

きつい登りが続く~

2018102519166.JPG

 

スタートから3時間、今日登る阿弥陀岳が見えてきた~

20181025191742.JPG

 

こんな勾配です

20181025191858.JPG

 

阿弥陀岳へ向かって再び森の中へ。

20181025192043.JPG

 

ここからは雪が残ってます。

20181025192112.JPG

 

森を抜けて最初の岩場!テンションが上がって来た~

2018102519224.JPG

 

日曜日でこんなにいい天気なのに、ここまで2人しかすれ違ってません、

このコースの人気のなさがよくわかります。

20181025192319.JPG

 

硫黄岳と左奥は蓼科山も見えました。

20181025192759.JPG

 

さあ、山頂へ向かってもひと頑張りです。

20181025192930.JPG

 

アイゼンを装着するほどではありませんが、雪で滑ります。

2018102671625.JPG

 

右手に見えるロープがなかったら登れなかったと思います。

2018102671817.JPG

 

笑った。 脚立をロープ1本で吊るしてる

2018102671949.JPG

 

尾根に出ました!

2018102672114.JPG

 

岩場ですが大したことありません。

201810267226.JPG

 

最後のロープ場、ここを越えたらあと少しで山頂!

201810267236.JPG

 

山頂が見えてきた~!

2018102672449.JPG

 

12:05 駐車場から約4時間、阿弥陀岳登頂~ 後ろは赤岳。

2018102672624.JPG

 

中岳から赤岳へ続く稜線、左手に横岳。

2018102673039.JPG

 

富士山もよく見えたけど、逆光で写真ではわかりにくいですね。

2018102673217.JPG

 

30分ほど休憩して12:40下山開始~

このあと悲劇があります・・・

201810267357.JPG

 

こんなところよく登ってきたと思います。

2018102673548.JPG

 

やっと雪が終わり~

2018102673659.JPG

 

いいペースで降りてます

201810267387.JPG

 

14:00 御小屋山まで降りてきましたが、ここで痛恨の下山ルートを間違ってしまう・・・

2018102674037.JPG

 

美濃戸口に降りなければならないのに、船山十字路へ向かって降りてしまい、

全く見たことのない景色が出てきたので、少し止まって考えてたら、

運よく下山してくる人がきたので、聞いたら、やはり間違ってて、御小屋山から25分かけて

降りてきたのを、40分かけて登り返すことになりました・・・(泣)

2018102674610.JPG

 

やっと御小屋山の分岐点まで戻ってきました、よくそんな体力が残ってたと思います。

2018102674815.JPG

 

見慣れた道です、今度は間違いありません。

2018102674858.JPG

 

少しだけ紅葉

201810267503.JPG

2018102675044.JPG

201810267519.JPG

 

15:45 やっとアスファルト道まで戻ってきました、この後前方を歩いていた方から、

なんと美濃戸口まで車で乗せてもらい大変助かりました、1時間のロスはありましたが、

その方のお陰で30分取り戻せました。

2018102675456.JPG

 

15:50 美濃戸口、八ヶ岳山荘到着~

2018102675642.JPG

 

道を間違えた時はホントに焦りました、たまたま運よく下山者と合わなかったら

まだ下ってたかもしれません、よく行く山なので油断したましたが、今後は気をつけたいと思います。

皆様も気を付けてください。

 

2018.9.22~24 南アルプス鳳凰三山登山

今年2回目の南アルプスです。

今回は青木鉱泉から鳳凰小屋を目指し、鳳凰三山を巡る計画です。

初日は大分から来る同級生と静岡空港で合流して、

青木鉱泉で一泊、翌朝から登り始めて、行ける所まで行く、

みたいなプランです。

 

11:20

同級生と静岡空港で合流後、牧之原SAで昼食

麺屋燕の塩ラーメン、メチャうまです。

2018108183143.JPG

 

途中寄り道もして、15:40 青木鉱泉到着~

2018108183259.JPG

 

宿の外観はこんな感じです

2018108183435.JPG

 

我々は1階の一番奥の部屋でした、明日が早いので9時頃には寝ました。

2018108183534.JPG

 

5:25 まだ薄暗い中スタートです

2018108183745.JPG

 

20分くらいで森を抜け、明るくなってきました。

2018108183856.JPG

 

つづら折りの登山道を登ります

201810818404.JPG

 

遠くに最初の滝が見えて来ました、テンションが上がってきます!

2018108184129.JPG

 

最初の沢渡りですが、足元が不安定でちょっと怖かったです。

2018108184257.JPG

 

この辺りから少し登りがきつくなってきますが、まだ大したことありません。

2018108184554.JPG

 

しばらくは沢沿いを登る感じです。

2018108184724.JPG

 

7:00 最初の滝、「南精進の滝」に到着、我々は滝は見ずに10分休憩して先を急ぎます

2018108184832.JPG

 

ここから急登になり、きつい登りが始まります。

2018108185945.JPG

 

少し行くとちょっとだけ視界が開けます

201810819152.JPG

 

原生林の中の急登が続きます・・・

201810819331.JPG

 

ロープ場が出てきて更に高度を上げて行きます。

201810819512.JPG

 

少しだけ横歩きがあります

201810819756.JPG

 

岩場・・・、もうすぐ白糸の滝、がんばれ~

201810819954.JPG

 

8:40 白糸の滝到着!

2018108191241.jpg

 

10分程休憩をして、次の滝を目指します。

201810819160.JPG

 

最後の滝までは結構きつい勾配が続きます。

201810819173.JPG

 

でもあまり疲れないのは、このような原生林の涼しい中を歩いてるからだと思います。

201810819194.JPG

 

ハート型の葉

2018108192057.JPG

 

9:40 五色の滝入口、我々は先を急ぎます。

2018108192218.JPG

 

この階段がきつい・・・

2018108192348.JPG

 

遠くに薬師岳の山頂が見えました。

2018108192436.JPG

 

少し進むとオベリスク!もうかなり近い感じ~

201810819261.JPG

 

みんなテンションが上がって来た~

2018108192735.JPG

 

南アルプス天然水、冷たくてキレイ~

2018108192910.JPG

 

ずっと森の中だったので、ここは景色が良かったこともあり、しばらく足が止まりました。

201810819321.JPG

 さあ、とりあえずの目標地点、鳳凰小屋を目指します。

2018108193237.JPG

 

もうすぐ鳳凰小屋です。

2018108193349.JPG

 

10:25 鳳凰小屋到着~! 予定より30分以上早かった。

2018108193530.JPG

 

食堂はこんな感じ

201810819377.JPG

 

寝る所はこんな感じで、富士山並みに狭いです。

2018108193833.JPG

 

11:05 軽く昼食をとって、地蔵が岳へ向かうことにしました。

2018108194015.JPG

 

しばらくは森の中を登っていきます。

2018108194121.JPG

 

視界が開けてきそうです

2018108194239.JPG

 

抜けた~!

2018108194320.JPG

 

振り向けば雲海~!

2018108195336.JPG

 

この砂の急勾配はかなりきつい、なかなか進まない感じです。

2018108195455.JPG

 

あと少しで山頂、がんばれ~

2018108195659.JPG

 

12:10  どこが山頂なのかよくわからないので、この辺を勝手に山頂にしました(笑)

2018108195814.JPG

 

オベリスク~!超迫力です!

2018108195954.JPG

 

高校時代バスケ部で苦楽を共にした、阿部君とオベリスクをバックに記念撮影

2018108202550.jpg

 

賽の河原 お地蔵さんの後ろの山は「甲斐駒ケ岳」

20181014114932.JPG

 

私は体調が悪くここで鳳凰小屋に降りたかったのですが、

同級生の説得もあり観音岳へ向かうことになる。

20181014115626.JPG

 

途中の紅葉

20181014115722.JPG

 

振り向けば雲海の上にオベリスクが見えます

20181014115851.JPG

 

目の前に観音岳が見えてきました。

2018101412011.JPG

 

綺麗な真っ白い道がしばらく続きます。

2018101412124.JPG

 

北岳をバックに!

2018101412228.JPG

 

13:30 鳳凰小屋との分岐点、観音岳まで40分

2018101412332.JPG

 

こんな真っ白な稜線歩きは初めてだと思います。

2018101412623.JPG

 

この登りはかなりきつかった・・・

2018101412811.JPG

 

つらい~・・・

201810141299.JPG

 

雲海の向うに例の山が見えてきました~!

20181014121042.JPG

 

山頂は目前、がんばれ俺!しかし同級生2人の体力は凄い。

20181014121156.JPG

 

14:05 観音岳登頂~!マジで疲れた~

2018101412163.JPG

 

私はここで終わりにしたかったのですが、薬師岳が近くに見えて、またも同級生から説得され

薬師岳へ向かうことに、明るいうちに鳳凰小屋まで帰れるか?

20181014121528.JPG

 

しばらくは岩場を下るのですが、帰りは当然登らなければなりません(泣)

20181014122320.JPG

 

雲の間を抜けて行く感じです。

20181014122510.JPG

 

雲の上の砂浜を歩いてる感じで、ほかの山ではなかなかない景色だと思います。

20181014122922.JPG

 

青、白、緑、赤、この時期にしか見れない色の演出です

2018101412316.JPG

 

14:50 薬師岳登頂~!もう限界や、小屋まで戻れるかな?

20181014123334.JPG

 

でも無理して来て良かった、観音岳よりも薬師の方が富士山が近く、

山頂が広々して綺麗!

20181014123439.JPG

 

北岳や間ノ岳も目の前に見る事ができます。

20181014123724.JPG

 

15:05 鳳凰小屋に向かって下山開始

2018101412398.JPG

 

ここから観音岳への登り返し(泣)

20181014124030.JPG

 

15:30 再び観音岳へ戻ってきた時に、ブロッケン現象が見れたけど、写真だとわかりませんね。

20181014124219.JPG

 

風が強くなってきました

20181014124457.JPG

 

16:00 鳳凰小屋への分岐点です、ここからは森に入るので風はなくなるでしょう。

2018101412463.JPG

 

久し振りの森って感じです

20181014124756.JPG

 

もう11時間くらい歩いてるので下りもきついです。

20181014124925.JPG

 

所々で紅葉してました。

20181014125111.JPG

 

最後のはしごです

20181014125418.JPG

 

16:40 ようやく鳳凰小屋に到着、暗くなる前に戻ってこれて良かった~

20181014125919.JPG

 

17:40 晩御飯のカレーですが、私は体調が悪く全く食べれませんでした、

山小屋のかたすみませんでした。

201810141305.JPG

 

食後はこたつの部屋があり、消灯まで他の登山者の方々と談笑して楽しかったです。

2018101413340.jpg

 

9:00 消灯

 

5:49 翌朝の御来光

2018101413538.JPG

2018101413622.JPG

 

6:20 鳳凰小屋で記念写真を撮り青木鉱泉へ下山スタート

201810141384.jpg

 

6:55 行きに寄れなかった五色の滝

20181014131113.JPG

 

この日は雨予報で、下山は足元が滑ること覚悟したけど、天気は崩れませんでした。

20181014131259.JPG

 

きのこ。

20181014131544.JPG

 

8:45 南精進の滝まで降りてきました、昨日寄れなかったので寄り道します。

20181014131637.JPG

 

途中、ロープ場とかもありました

2018101413180.JPG

 

南精進の滝

20181014131930.JPG

 

さあ、青木鉱泉へ向かってもうひと頑張りです。

20181014132015.JPG

 

最後の沢まで降りてきました。

20181014132147.JPG

 

この森を抜けるとゴール間近です

20181014132319.JPG

 

10:20 青木鉱泉到着~、皆さんお疲れさまでした。

20181014132441.JPG

 

初日、青木鉱泉から三山を巡り、鳳凰小屋まで11時間15分

2日目、鳳凰小屋から青木鉱泉まで4時間

初日の高低差1740mは北岳に次ぐ高低差でした、今年一番きつい登山でした。

この鳳凰三山は南アルプスでも、多くの滝や真っ白い砂の山頂、オベリスクなど、

見どころ満載の山でした、行ったことのない方は是非一度行って欲しい山です。

2018.9.16 毛無山(けなしやま)登山

全国的にはあまり有名ではない山ですが、

知る人ぞ知る、一気に登らせる結構きつい山です。

この山は2回目だったのですが、2回とも雨・・・

 

駐車場は広く、1日500円です、ポストに封筒に入れて投函します。

2018930163618.JPG

 

8:00 登山開始~

2018930163713.JPG

 

いきなり道を間違えて15分もロスしてしまった~

この道は間違いです、気を付けてください。

2018930163847.JPG

 

さあ、気を取り直してスタートです

2018930163948.JPG

 

8:30 一合目

この山は一合目~九合目まで表示があります。

2018930164145.JPG

 

はじめからこんな急登です。

2018930164319.JPG

 

ちなみに天気が良ければこの先で、滝が見えるのですが霧で何も見えません(泣)

2018930164519.JPG

 

この様な岩場が連続で出てきます。

201893016486.JPG

 

9:05 三合目通過~

201893016495.JPG

 

結構きついところが続きます

2018930165040.JPG

 

9:25 四合目を過ぎたあたりで少し休憩です、

霧で何も見えません・・・

2018930165159.JPG

 

少し行くとレスキューポイントに出ます、この山唯一の平場です。

2018930165429.JPG

 

9:45 ようやく五合目到着!

2018930165549.JPG

 

急登が続きます。

2018930165653.JPG

 

六合目を過ぎて、本日2度目の休憩です

201893017238.JPG

 

霧が濃くなってきました。

201893017354.JPG

 

10:30 七合目ですが、後ろの角度を見ると傾斜がよくわかると思います。

201893017555.JPG

 

七合目を過ぎると、ほんの少しだけ緩やかな所がありました。

201893017730.JPG

 

また急な岩場が出てきます・・・

201893017856.JPG

 

八合目~

2018930171025.JPG

 

天気が悪くて良かったかな、このコースで気温が高かったら途中で帰ったかも(笑)

2018930172114.JPG

 

富士山展望台、おそらく目の前に富士山が見えるのでしょうが、今日は何も見えません。

201893017381.JPG

 

11:20 ようやく九合目です。

2018930173935.JPG

 

九合目からは横に歩いて行きます。

2018930174015.JPG

 

この辺は天気が良ければ、視界が広がり景色がいい所だと思います。

2018930174148.JPG

 

山頂が見えて来ました~!

2018930174352.JPG

 

11:55 毛無山登頂~

2018930174444.JPG

 

山頂はこんな感じで広いです、南アルプスも見えるそうです。

2018930174559.JPG

 

部分的に紅葉が始まってました

2018930174812.JPG

 

12:20 下山開始

201893017494.JPG

 

下山の方が恐い・・・

2018930174950.JPG

 

岩が濡れて滑ります。

2018930175055.JPG

 

途中きのこがたくさんありました

2018930175222.JPG

2018930175251.JPG

2018930175315.JPG

 

危険なところが続きます

2018930175454.JPG

 

あと少しで沢です

2018930175552.JPG

 

沢を超えたらゴールが近い

2018930175642.JPG

 

15:00 駐車場に戻ってきました、お疲れさまでした~!

2018930175751.JPG

 

毛無山は朝霧高原を入口とする、1946mの高さのやまで、

そんなに高い山ではないのですが、スタートがらいきなりの急登で、

練習するにはお薦めの山です。

一度天気がいい時に登ってみたいものです・・・

 

 

 

2018.8.19 高草山ハイキング

静岡市内から半日で往復できる、気軽に登れる山です。

今回は昼食を食べてから、お昼過ぎに登り始めることにしました。

 

12:15 花沢の里駐車場からスタート

201882519254.JPG

 

しばらくはアスファルトの道を歩きます。

20188257470.JPG

 

花沢の里は古い建物が残っていい感じです。

201882574953.JPG

 

15分位で登山道に入ります。

201882575046.JPG

 

緩やかな登りです

201882575115.JPG

 

12:55 スタートから45分で満観峰との分岐点、鞍掛峠に出ます。

201882575236.JPG

 

我々は高草山方面へ向かいます。

201882575614.JPG

 

少し登ると、ここからしばらく下りになります。

201882575725.JPG

 

結構下らされます・・・

201882575838.JPG

 

ここからやっと登りになります。

201882575929.JPG

 

あまりきつい所はありません。

20188258022.JPG

 

峠から30分位で展望台があり、駿河湾と伊豆半島が綺麗に見えました。

20188258159.JPG

 

しばらくは階段が続きます。

20188258320.JPG

 

他のルートからの合流地点です、ここから山頂まですぐに着きます。

20188258511.JPG

 

この階段を登りきれば山頂です。

20188258641.JPG

 

13:43 高草山登頂~

20188258740.JPG

 

静岡市内と富士山

20188258852.JPG

 

駿河湾と焼津市内

20188258101.JPG

 

藤枝市内 低い山ですが展望はまあまあだと思います。

201882581037.JPG

 

13:55 下山開始

20188258122.JPG

 

実は車道もあり、バイクで登ってる人もいました。

20188258130.JPG

 

先程降りてきた道の登り返しですが、そんなにきつくありません。

201882581411.JPG

 

14:30 鞍掛峠に戻ってきました。

201882581555.JPG

 

避難小屋だったのでしょうか?今は使用できません。

20188258177.JPG

 

14:55 花沢の里に降りてきました。

201882581841.JPG

 

高草山は初心者向けの山なので、練習にはいい山です。

我々はザックに本やペットボトルの水など詰め込んで、無駄に重くして登りました。

それでも往復3時間弱で行ける山なので、練習登山にお薦めです。

2018.8.4 南アルプス 仙丈ケ岳登山

毎年の恒例行事になりました同級生登山です、

毎年富士山に登ってましたが、今年は初の南アルプスです。

1日目は北沢峠から馬の背ヒュッテまでのコースです。

2日目は仙丈ケ岳~大仙丈ケ岳~小仙丈ケ岳の稜線を歩くコースです。

 

朝5時に静岡市内を出発して、7:30に芦安駐車場に到着したのですが、

すでに駐車場は満車、仕方なく路上駐車となってしまいました。

201881318144.JPG

 

ここからバス停まで結構な坂道を登ります。

2018813181527.jpg

 

ようやく芦安のバス停が見えてきました。

2018813181620.jpg

 

8:00のバスで広河原へ向かいます。

2018813181757.JPG

 

9:15 次は広河原からバスを乗り換え、北沢峠へ向かいます

2018813181957.jpg

 

9:40 北沢峠到着~

2018813182112.JPG

 

10:08 馬の背ヒュッテへ登山開始です!

2018813182255.jpg

 

約30分程で一合目です

2018813182354.JPG

 

こんな感じの緩い登りがしばらく続きます。

2018813182514.JPG

 

11:00 二合目に到着、少し休憩です。

2018813182731.JPG

 

途中すれ違った方ですが、80歳で同級生と登ってるそうです、頭が下がります。

2018813182947.JPG

 

ここから少し勾配がきつくなりますが、大したことはありません。

2018813183130.JPG

 

野生の鹿と遭遇しました。

2018813183331.JPG

 

11:55 四合目通過~

201881318342.JPG

 

ここから先はぐんぐん高度をかせいでいきます。

2018813183532.JPG

 

だんだんきつくなってきました~

2018813183628.JPG

 

12:15 五合目の大滝頭到着~

2018813183938.JPG

 

我々は馬の背ヒュッテへ向かいます

2018813184046.JPG

 

沢がいくつも出てきます

2018813184150.JPG

 

ロープ場もあり、楽しいコースです。

2018813184243.JPG

 

ここは大きな沢でした。

2018813184322.JPG

 

13:30 藪沢小屋到着ですが、今は無人の小屋になってます、

ここで昼食にしました。

2018813184426.JPG

 

小屋のすぐ下に沢の水場が有り、物凄く冷たい水でした。

2018813184742.JPG

 

これが最後の沢のようです。

2018813184826.JPG

 

もう少しで山小屋です

2018813184954.JPG

 

馬の背ヒュッテが見えてきました!

2018813185051.JPG

 

14:00 馬の背ヒュッテ到着~!

2018813185232.jpg

 

山小屋の内部はこんな感じです

2018813185444.JPG

 

寝るスペースは富士山よりましかな。

2018813185327.jpg

 

御夕飯まで時間があるので、馬の背まで登り、景色を楽しみます。

2018813185640.JPG

 

明日登る仙丈ケ岳の山頂が見えます。

201881473546.JPG

 

再び山小屋に戻り、加藤強(右から2人目)が夕食までビールを我慢できないと

わがままを言い出したので、食事前にカンパーイ!

201881473713.jpg

 

4:30 晩御飯はカレーとサラダ、おかわり自由です。

201881474117.JPG

 

食後、再び外で飲み会です、この時間が山小屋で一番いい時間ですね。

201881474410.JPG

 

この日は18:30頃に横になり、そのまま就寝になりました。

201881474615.JPG

 

 

2日目 4:00起床  5:00 御来光!

201881474741.JPG

 

5:30 仙丈ケ岳山頂を目指して出発です。

201881474916.JPG

 

5:45 馬の背分岐点

20188147504.JPG

 

しばらく歩くと一気に視界が開けます!

遠くに仙丈小屋が見えますが、30分位で行けると思います。

20188147517.JPG

 

素晴らしい景色でみんなの足も止まります。

201881475324.JPG

 

6:25 仙丈小屋到着~ 少し休憩します。

201881475511.JPG

 

6:45 仙丈ケ岳山頂目指して出発です。

201881475955.JPG

 

疲れを感じさせない景色です。

20188148042.JPG

 

山頂が見えてきました!

2018814822.JPG

 

途中何度も振り返り、素晴らしい眺望を見てました。

2018814832.JPG

 

ついに山頂が目の前に見えてきました!

20188148459.JPG

 

7:15 3,033m 仙丈ケ岳登頂~!

2018814881.jpg

 

写真ではわかりにくいのですが、

正面の北岳の左奥に富士山が見えて、右の山が間ノ岳になります、

本邦、1位、2位、3位の山をここから見ることができます。

20188148954.JPG

 

このあと、予定外の大仙丈へ向かいます。

201881481425.JPG

 

綺麗な稜線ですが、結構距離がありそう・・・

201881482032.JPG

 

なかなか険しい道です

201881482247.JPG

 

高所恐怖症のかたはやめた方がいいです

201881482513.JPG

 

なんとか険しい岩場を過ぎました。

201881482636.JPG

 

8:00 今日2つ目のピーク、大仙丈ケ岳登頂~

201881482820.jpg

 

またこの道を戻ります(泣)

201881483020.JPG

 

大仙丈を振り返って見ます。

2018814162553.JPG

 

この登り返しがきつかった、後できいてきます。

201881416284.JPG

 

分岐点まで戻り、小仙丈ケ岳への長い縦走です。

正面に甲斐駒ケ岳が見えてきました!

2018814163227.JPG

 

気持ちいい稜線歩きです。

2018814163423.JPG

 

天気も最高に良かったです。

2018814163558.JPG

 

小仙丈ケ岳へ向かう最後の岩場です、かなりきついです。

201881416385.JPG

 

今日歩いて来た稜線をバックに1枚

2018814163922.JPG

 

あと少し、がんばれ!

2018814164012.JPG

 

10:25 本日3つ目のピーク小仙丈ケ岳登頂~

後ろの山は甲斐駒ケ岳です。

2018814164119.JPG

 

10:45 下山開始

2018814164548.JPG

 

六合目からの甲斐駒です、この先は樹林帯に入るので見納めとなります。

2018814164719.JPG

 

11:30 五合目の大滝頭まで降りてきました。

201881416518.JPG

 

四合目も無事通過~

2018814165157.JPG

 

二合目まできました、北沢峠まであとちょっと。

201881416531.JPG

 

12:55 北沢峠、無事下山~ 

ですが、ここからバスの乗り継ぎが大変です。

2018814165542.JPG

 

13:05 待ち時間なくすんなりと広河原行のバスに乗れました~

2018814165739.JPG

 

広河原では乗合タクシーに乗ることができて、すぐに芦安駐車場へ出発できました。

2018814165928.JPG

 

帰りはここの温泉で軽く食事をして、温泉に入りました。

20188141725.JPG

 

この後は全員で静岡市内へ行くことになり、ゴールデン横丁で打ち上げをしました!

20188141743.JPG

 

串揚げ屋で盛り上がりました。

201881417449.jpg

 

今回の仙丈ケ岳は頑張れば1日で往復可能な山ですが、

沢を超えたり、大仙丈や小仙丈をゆっくり巡る山歩きも

なかなか楽しいプランでした。

来年はどこにに行くかは未定ですが、また同級生で行けたらいいです。

 

おまけ。

翌日みんなで寸又峡に行って来ました。

2018814171338.JPG

 

吊り橋も渡って来ましたよ。

2018814171435.JPG

 

2018.7.15 富士山日帰り登山

久し振りに日帰り弾丸富士登山に行ってきました。

富士山が世界遺産登録される前は、五合目まで車の乗り入れが可能な日を

選んでやってたのですが、シャトルバスを使って日帰りするのは初めてです。

 

7月14日 22:30 水ヶ塚駐車場到着

ここで車内で仮眠を取ります。

2018728174458.JPG

 

4:30 起床 富士山の山頂までよく見えます。

2018728174636.JPG

 

4:50 シャトルバスの切符売り場はすでに凄く人が並んでました。

2018728174858.JPG

 

ガイドブックでは5:10からチケット販売で、6:00始発になってましたが、

5時前から販売してくれて、5:15にバスを出してくれました。

おかげで5:40に五合目に到着しました。

2018728175228.JPG

 

6:00 富士宮口 登山スタート!

2018728175431.JPG

 

六合目までは逆光でまぶしいです。

2018728175538.JPG

 

振り向けば雲の上って感じです。

201872817567.JPG

 

6:15 六合目到着~ 高度順応が不十分なので、ここで少し休みます。

2018728175827.JPG

 

6:30 六合目出発! いきなりきつい登りになります。

2018728175959.JPG

 

いいペースで登ってます。

201872818643.JPG

 

新七合目まであと少し!

20187281884.JPG

 

7:20 新七合目 昨年お世話になった御来光館です

2018728181013.JPG

 

10分程休憩して次を目指します

2018728181150.JPG

 

雲海が広がる素晴らし景色です

2018728181214.JPG

 

山頂まではっきりと見えるいい天気に恵まれました。

2018728181339.JPG

 

ここで3,000mですが、ちょっと暑いくらいです。

2018728181547.JPG

 

この辺は勾配がきつい、もうすぐ元祖七合目

2018728181622.JPG

 

8:10 元祖七合目 ここも10分休憩です。

2018728181744.JPG

 

あの上の方に見える八合目を目指します。

2018728181916.JPG

 

この辺りから下山の方との通行待ちでペースが落ちます。

2018728182119.JPG

 

階段は狭いので、更に通行待ちが多くなります。

201872818416.JPG

 

八合目が近づいてきました~

でも凄い人・・・

2018728184245.JPG

 

9:05 八合目到着~

201872818452.JPG

 

しかし凄い人です、下山の人たちはずいぶん待たされてます。

2018728184616.JPG

 

あまり休むこともできず、次の九合目を目指すことにしました。

しかしすれ違えない、下山が不安になります。

2018728184754.JPG

 

八合目の鳥居、ここから先は浅間神社の境内です。

2018728185023.JPG

 

八合目からはしばらく登らないと九合目の山小屋は見えません。

201872818517.JPG

 

白い2本の木ですが、ここは九合目ではありません。

201872818532.JPG

 

ここを過ぎると、やっと九合目の山小屋が見えてきます。

2018728185426.JPG

 

この階段がメッチャきつい・・・、あと少し、頑張れ!

2018728185619.JPG

 

9:55 九合目 萬年雪山荘到着~

毎回言ってますが、八合目から九合目までのコースタイムが30分に

なってるけど、絶対無理!もっと時間かかるって!

2018728185741.JPG

 

最後の山小屋、9.5合目に向かいます。

足取りが重い・・・

20187281916.JPG

 

万年雪が融けてありませんでした、何度も富士山に登ってますが、

7月のこの時期にないのは初めてで、いつもは8月でも残ってます。

確実に地球温暖化が進んでます。

201872819239.JPG

 

傾斜の角度はこんな感じです。

201872819746.JPG

 

やっと、9.5合目ですが、私はいつもの高山病になってしまいました・・・

201872819849.JPG

 

10:50 九合五勺 胸突山荘到着~

2018728191042.JPG

 

高山病で頭が痛いが、ここまで来たら山頂まで頑張る!

2018728191346.JPG

 

振り向いてばかりで、なかなか足が前に進みません。

201872819150.JPG

 

山頂は見えてるのですが、なかなか近づかない感じです。

2018728191723.JPG

 

この辺で一歩も動けなくなったところ、下山してきた見知らぬ方に

酸素を恵んで頂き、なんとか動けるようになりました、あの時の方、

本当にありがとうございました。

201872819195.JPG

 

最後の鳥居、ここを抜けると山頂です。

私は鳥居の手前で、またもどしてしまいました・・・

2018728192213.JPG

 

それでも何とか到着!

2018728192450.JPG

 

11:50 富士山山頂

2018728192537.JPG

 

今回は剣ヶ峰はパスです。

2018728192627.JPG

 

25分ほど休憩。

2018728192735.JPG

 

12:15 下山開始~

2018728192827.JPG

 

通ってはいけないブルドーザー道を通りました、

皆さんはマネしないでくださいね。

2018728193018.JPG

 

元の下山道に戻りました

201872819311.JPG

 

天気が一瞬崩れそうになりましかが、何とか大丈夫でした。

2018728193455.JPG

 

しばらくすると、また晴れ間が戻りました。

2018728193550.JPG

 

15:45 無事五合目に戻ってきました~

201872819370.JPG

 

今日登った富士山を振り返り、

このあと16:30のシャトルバスで水ヶ塚まで降りました

2018728193841.JPG

 

 

富士山は昨年で引退と決めてたのですが、ふら~とまた行ってしまいました、

静岡に住んでると、がんばれば日帰り可能ですが、本来は五合目でしっかり

高度順応して、七~八合目あたりで一泊することをお薦めします。

 

 

 

 

 

2018.6.24 十枚山登山

皆様、お久し振りです。

今年はいろいろと大変なことが重なり、全く山に行けませんでしたが、

これからまた徐々に登りたいと思います。

今回は静岡市の十枚山~下十枚山の縦走です。

 

前日の天気予報では晴れでしたが、まさかの雨のスタートとなりました。

20187375332.JPG

 

雨で誰も登る人がいなかったので、登山口付近の空いたスペースに

路駐させて頂きました。

20187375518.JPG

 

9:02 熊に気を付けて登山スタート

20187375613.JPG

 

霧で視界も悪い

20187375713.JPG

 

9:20 最初の分岐点です、我々は直登コースへ!

2018737585.JPG

 

しばらくは、こんな感じの森の中を登ります。

20187375943.JPG

 

こんな感じですが、そんなにきつくありません。

201873819.JPG

 

スタートして45分くらいで雨も上がりました

2018738224.JPG

 

10:00 少し休憩です

201873840.JPG

 

この辺りから少しきつくなりますが、景色に変化はありません。

2018738514.JPG

 

一気に高度を上げて行く感じです。

2018738659.JPG

 

少し晴れ間が見えてきました。

2018738813.JPG

 

また霧が出てきた~

2018738857.JPG

 

10:50 ここで二度目の休憩です。

2018738956.JPG

 

ここからはロープも出てきて、勾配がきつくなります。

20187381059.JPG

 

ほんの少しだけ平坦なところがあります。

20187381251.JPG

 

雨の影響で足元が滑ります。

20187381350.JPG

 

もう少しで山頂、がんばれ~

20187381454.JPG

 

最後の登りです

20187381610.JPG

 

山頂が見えてきました~

2018738175.JPG

 

お疲れさま~

20187381754.JPG

 

11:35 十枚山(1719m)登頂~

2018738195.JPG

 

山頂は広くこんな感じです、天気が良ければ、富士山や南アルプス、

安倍川沿いに静岡市内が一望できます。

20187381952.JPG

 

12:03 昼食を済ませ、下十枚山へ向かいます。

20187382258.JPG

 

アップダウンが続きます。

20187382337.JPG

 

晴れてたら景色がいいだろうなぁ・・・

20187382430.JPG

 

12:20 十枚峠です

2018738263.JPG

 

ここから下十枚山へ登りです

20187383659.JPG

 

わずか30分位の登りでしたが、結構きつかったです。

20187384233.JPG

 

12:50 下十枚山登頂~

20187384436.JPG

 

山頂は木に囲まれて展望はありません。

20187384515.JPG

 

13:03 下山開始です。

20187384713.JPG

 

13:20 十枚峠に戻ってきました

20187384842.JPG

 

下山は別ルートで、沢越えのルートで降ります。

20187311594.JPG

 

途中のコケが綺麗でした

20187312036.JPG

 

最初の沢が見えて来ました。

20187312149.JPG

 

沢を渡り少し登ります。

20187312246.JPG

 

なかなかハードなコースです

20187312420.JPG

 

途中小屋が見えたので行ってしまいましたが、

間違いです、そちらには行かないように~

20187312734.JPG

 

長いコースです

201873121010.JPG

 

また霧が出てきて視界が悪くなってきました。

20187312118.JPG

 

2つ目の沢です

201873121247.JPG

 

コースタイムでは十枚峠から最初の分岐点まで、1時間になってますが、

この時点で十枚峠から1時間30分です、そんなに遅くないと思うのですが・・・

201873121352.JPG

 

15:05 やっと最初の分岐に戻ってきました

201873121627.JPG

 

15:35 無事下山

201873121925.JPG

 

結局1日中天気は回復しませんでした。

登りはコースタイム通りに行けたのですが、下りはコースタイムより1時間位遅かったので、

途中何度も道を間違えたかと不安になりました。

次回は八ヶ岳です、お楽しみに~。

 

謹賀新年登山 大分県の扇山

あけましておめでとうございます。

今年初登山は、私の地元、大分県別府市のシンボルとも言える扇山です、

810mしかない低い山ですが、一気に登らせる以外ときつい山です。

年末年始に帰省してた同級生と行ってきました~

 

扇山ゴルフ場の駐車場をスタートです

201827182945.jpg

 

駐車場の一番奥にわかりづらい入口があります、

知ってる人じゃないとわかりません。

201827183047.jpg

 

入口を抜けると目の前に扇山が見えます、

とても綺麗な山です。

201827183224.jpg

 

しばらく防火帯のアップダウンが続きます

201827183437.jpg

 

ここから一気に急登になります。

201827183545.jpg

 

振り向けば別府の街が一望できます。

201827183620.jpg

 

再び防火帯に出ました

ちょっと休憩です。

201827183848.jpg

 

さあ、山頂めざしてスタート!

201827183941.jpg

 

登山用のシューズじゃなくても頑張ってます。

てか、服装もなめてる(笑)

201827184052.jpg

 

美恵子ちゃん、がんばれ~

バックの別府市内と高崎山が美しい~

あ、美恵子ちゃんもんね♡

201827184132.jpg

 

あと少しで急な登りは終わりです!

201827184329.jpg

 

ここからは緩やかなアップダウンで、山頂はすぐそこです。

201827184626.jpg

 

登頂~

201827184735.jpg

 

気分は坂本龍馬でしょうか?

彼は初登山でした、よくこの靴で登ってきたものです。

201827184856.jpg

 

しばらく山頂を楽しんでます。

201827185026.jpg

 

下山開始~、こんな石も転がってます。

201827185118.jpg

 

ずっと別府市内を見ながら下りて行く感じです。

201827185223.jpg

 

やっと防火帯に出ました

201827185352.jpg

 

登ってきた扇山を振り返ります。

201827185521.jpg

 

この先が駐車場です

20182718569.jpg

 

お疲れ様でした~

201827185643.jpg

 

コースタイムを書いてませんが、往復2時間程度の山です、

9:30にスタートして11:40位に戻ってきてます。

扇山は気軽に登れて、別府市内や別府湾が一望できる素晴らしいやまです。

別府にいらしたら是非扇山を見て下さい、ホントに綺麗な山です。

2017.12.5 丹沢・鍋割山登山

今年二度目の丹沢です、前回は雨の中の犬越路でしたが、

今回は晴天に恵まれた気持ちのいい登山になりました。

 

行く途中の富士川SAの最近できた観覧車

2017129185133.JPG

 

富士川SAから見える富士山

2017129185217.JPG

 

友人のカトチャンを新松田駅拾い、県民の森駐車場へ

9:07駐車場をスタート

2017129185443.JPG

 

しばらくは林道を歩きます

2017129185554.JPG

 

15分位行くと尾関廣先生の銅像があります

なんか登山の学校を造った方みたいです。

2017129185928.JPG

 

沢が出てきました、まだ林道が続きます。

201712919016.JPG

 

虹が見えますが滝ではありません。

201712919127.JPG

 

何度か橋も渡ります

201712919514.JPG

 

10:00 林道の最後に休憩所があります

20171291946.JPG

 

ここから一気に勾配がきつくなります

20171291972.JPG

 

道は整備されて登りやすいです。

201712919734.JPG

 

でもきつい・・・

201712919838.jpg

 

あと少しで開けたところに出そうです

201712919959.JPG

 

森を抜けて明るくなったけど、相変わらず勾配はきつい

2017129191120.JPG

 

しばらくはこんな感じです・・・

2017129191212.JPG

 

山頂まであと800m!

2017129191319.JPG

 

視界が開けます

2017129191417.JPG

 

景色を眺めながら気持ちのいい登山道です

201712919151.JPG

 

最後のひと頑張りです

2017129191619.JPG

 

残念ながら富士山は雲の中、行は綺麗に見えてたのに・・・

2017129191816.JPG

 

この階段を抜けれは山頂です、頑張れカトチャン!

201712919208.JPG

 

11:22 登頂~

2017129192144.JPG

 

ホントはバックに富士山なのですが、残念ながら雲の中です(涙)

20171216185830.JPG

 

鍋割山荘、ここの鍋焼きうどんが有名ですが、我々は下山後のラーメンが楽しみなので

鍋焼きうどんはパスです。

2017121619026.JPG

 

12:07 下山スタート 下山コースは小丸経由のルートで帰ります。

2017121619218.JPG

 

以前登った塔ノ岳の山頂が見えます

2017121619312.JPG

 

こちらのコースは2つのピークを越えて小丸へ向かいます

20171216191033.JPG

 

小丸へ向かう最後の階段です

20171216191152.JPG

 

12:35 小丸に到着~ 字が見にくい・・・

2017121619139.JPG

 

ま、山頂はこんな感じです

20171216191410.JPG

 

ここからの展望は素晴らしい!江の島までみえます。

2017121619159.JPG

 

遭難者が多発してるコースみたい

20171216191837.JPG

 

ここからがやっと下山開始みたいな感じです。

20171216191738.JPG

 

リボンが少なくてわかりにくいコースです。

20171219201810.JPG

 

何ヵ所も分かれ道がありますが、目印はありません。

20171219201957.JPG

 

間違ってなかったみたい・・・

2017121920213.JPG

 

唯一紅葉が綺麗だった所です。

20171219202210.JPG

 

ようやく緩やかな下り坂になりました

20171219202319.JPG

 

14:20 やっと登山道を抜けて、砂利道にでました~

20171219202439.JPG

 

この辺の紅葉は終わりです

20171219202610.JPG

 

14:40 駐車場到着~

20171219202735.JPG

 

今年最後の登山になると思います。

今年も多くの方にブログを見て頂いてありがとうございます。

来年は南アルプス方面へ計画しております、

今後も登山ブログをよろしくお願いします。

 

カトチャンまたね。

相談/見積り 無料 お気軽にお問い合せ下さい!!
ページ上部へ